今頃になって父の趣味に気付きます。

モッコク、カヤ、イトヒバ、イヌマキ、アカマツと聞いて何かは最後のアカマツで想像がつくでしょうが、木の名前です。それでもアカマツまで来てやっと解るというのが普通でしょうね。この5種類の木の名前はたいへんな意味がある名前で、江戸時代には江戸五木といわれ、大変珍重された縁起の良い造園木だそうで、なかなか全ての植栽を庭木には、その時代には出来なかったようです。と言う事で狭い我が家で御座いますが、全て庭に揃っていることが解りました。実は鉄塔を建てるときに、一時抜いて移植していた松が、今ではひょろひょろと鉄塔に沿って伸びていますが、捨てずに移植し直したアカマツです。こんな猫の額のような土地に、好きだったんですね。我が親父にびっくりです。特にモッコクは難しい木で、悪戯に木の枝を切ると直ぐに枯れてしまうそうで、私は随分荒っぽいこともしたような、記憶です。枯らしてしまわなくて良かったです。
スポンサーサイト

中学校の工作道具袋には有りました。

罫引きCIMG07281024
いよいよ6月も終わりに近づき、忙しない気持ちで毎日が過ぎてゆきます。今年も既に前半が終わろうとしています。気忙しいばかりで、目の前の作業は一向にはかどらずに、時間ばかりが過ぎてゆきます。唯々時間を空けて、そこに座っていれば、物事がはかどれば大変有り難いことですが、そうもなりませんので、優先順位とでも言うのでしょうか、自宅での道楽の作業にも順番をつけて少しずつ進めましょう。こんな時期は良く有ることですが、少しは怠け癖に暇乞いして行きませんと、さすがに道楽でさえも山積みで、足の踏む場も有りません。準備していた障子の材料を目の前に置いて、作業に入りましょう。先ずは角のみを使ってほぞ穴を掘る訳ですが、こちらはスムーズに上手に罫書きさえすれば、問題ありませんが、ほぞはそう簡単には切り出せません。細い鉛筆で切削部分を罫書いても、上手に芯出しが出来ません。大工や指物師が上手に作業する道具に写真の罫引きが有ります。ほぞ穴とほぞの関係はほぞ穴とほぞが同一寸法でなければ、ピタリと収まらないことが、木工の決め手です。少しでも差があれば、ゆるくてきっちり入りません。さすがにこの道具は、細い鉛筆の芯より細い罫書き線が引けますので重宝します。そういえば中学生の時に工作袋に入っていましたが、一度も使わずにどこかへ行ってしまいましたね。

行きもしない渓流での心配事

クマにCIMG07191024
近では頻繁に山菜採りに山へ入り、熊に襲われて大変な目に遭う人が増えているようですが、この季節の森は自然の宝庫ですから、私のような素人は山菜の魅力に惹かれ、ついつい立ち入って仕舞いがちです。山菜もさることながら、趣味として四半世紀は優に経過する渓流釣りとなると、できる限り他の釣り人の立ち入っていない、人気の少ない場所を探して歩きますので、心配になります。熊鈴は勿論用意して出掛けますが、いざその時が来ましたら、どう対処する物か判りません、物の本に書いてある対処法が、中々最近では役に立たない様で、熊の被害も増える一方の様です。そこで見つけたこの本です。北海道のアイヌの著者が書いた物ですから、信憑性がありそうです。参考までにちょっと拝見です。しかしながら、熊との遭遇は人間がもたらした原因で発生している訳ですから、可哀想に人間より実は熊が被害者なのでしょうね。

この形の生物は、我が家に3種棲んでいます。

カナヘビCIMG07161024
写真の生物は、なんとも愛くるしい姿と目をしたカナヘビですが、同様なかたちをした生物が他に2種我が家に住んでいます。一番見かける頻度の多い物は、トカゲですが、色とその美しさは、我が家で一番です。残念ですがその色と艶で、私にはとても触れることが出来ません。頻度の多い物はトカゲですが、一年中見かけることが出来る物は、ヤモリです。先週の日曜日、日当たりの良い場所に移した、サフランの植木鉢の下から戯けた目をして姿を現し、大急ぎで再び、他の鉢の下へ消えてゆきました。写真のカナヘビは最近数を減らしたようで、一番見かけなくなりましたね。

定期健康診断

フェザーボードCIMG0710_1024
今日は1日掛けて会社から定期健康診断をする日となっています。60も半ばに近づき、そろそろ、どこか悪いところを発見されそうですが、既に高血圧だ何だかんだと人並みの老化は、デパートのように持ち合わせていますが、毎日の生活のリズムを直ぐに大きく変えるほどの事は、昨日まではありませんでした。さて、今日の結果はどうなるのでしょう。いつ何が起きてもおかしくない年頃です。さて、今日の写真は、トリマー作業やルーター作業で、安全のために使われる押さえ道具です。何と言うことのない補助道具ですが、有ればなお一層安全に作業が出来ます。

豚革のグローブ

豚革CIMG0668_1024
最近大陸からの輸入商品の大幅な値上げが起きています。尤も、国内の商品も小麦製品を始め大幅な値上げが、至る所で賃金の上昇を大幅に超えて上がっています。道楽で使う写真のグローブも久しぶりに買おうと出掛けた、ホームセンターで驚いて買わずに引き返してしまいました。以前購入した記憶では三足で1500円程度だと思って居ましたが、なんと一足で1000円もするようです。だったら普通の気の利いた手袋を少し高価でも買うことにしましょう。よく考えてみれば、どの商品もそうですが、以前が安すぎたのですね。これが本当の値段だったのかも知れません。それでも、ネットでは送料なしで未だに廉価な物があります。今のうちに少し余分に買い込みましょう。鉄塔上ではこの手袋は私に取っては、危ないので使いませんが、地上作業ではたいへん重宝します。特に刃物や工具を使用する場合には、安全策として使います。庭先での土遊びにも気にせず使えて便利で、洗って使えることが、とても良いですね。

蛍の寝床(ホタルブクロ)

IMG_00751024.jpg
横浜、子供の国の山の中で出くわしたホタルブクロです。愛らしいとても優しい色と風情です。カンパニュラと間違う人が居ますが、似ているようで全く違いますね。誰が名付けたのでしょう。きっと心の優しいい人でしょう。言い得て妙なこの姿です。季節柄この名前が似合うのかも知れませんね。そしてもう一つ、この花の名前はわかりません、でも綺麗です。誰か知っていますでしょうか。IMG_00731024.jpg


向日葵が咲き出せば、本当の夏の訪れです。

向日葵CIMG05891024
李の下には、写真の向日葵が満開寸前です。今年まいた種が育ちました。どうも今年は向日葵以外の植物は上手に育ちそうに有りません。といっても昨日今日そして一昨日と少しだけではありますが、夕立の恵みが植物に生気を与えているようです。もしかしたらと期待しますが、今からでは間に合うのかも判らない始末です。これから少しですが期待できそうな物は、インゲン豆だけですが、未だに20センチ足らずでは何処まで育てるか。一株もツルを巻きだしていないのですから。

なんと美しい彩りでしょう。

梅CIMG05851024
これで残すところは、10数個でしょう。また来年を楽しみたいと思います。それにしても綺麗な梅の色です。ここまで赤く桃のようになるとは、思ってもみませんでした。庭の一番端に有る、李の色は未だに4センチ足らずの緑色の堅い実をつけていますが、李の完全な姿になる前に、毎年落ちてしまいます。こちらも色づくまで大きくなってくれることを期待していますが、どうして良いかは、未だに手入れの方法すら判りません。

また失敗。もう食べちゃいました。

砂場CIMG05791024昼飯時、通りすがりの蕎麦屋で、ざるそば食べてしまいました。仕事を済ませて、何時ももの場所で、信号待ちして思い出しました。そうでした、此処におそば屋さんが有りましたね。今月中にもう一度この辺りを通ります。次はきっとこの店で食べましょう。季節はそばの季節です。赤坂砂場。

ベランダのメンテナンスを行いたいと思います。

我が家のベランダ。ベランダなんて格好いい物じゃ有りませんが、施工してから既に20年以上経過している事と思います。実はお友達に業者を紹介して頂いて、施工した物と記憶していますが、既に経年変化と、私の悪戯のお陰で、何度も剥がしたり付けたりを行いましたので、それもあって床材が写真の如くです。この際ですから、お楽しみで、床材を調達して、張り替えたいと思います。早速寸法を採ってみると、6200x1500と言うなかなかの広さです。さて、安価で強靱な素材はないものでしょうか。確認したところ、躯体は殆ど錆びも無くしっかりしていますし、手すり等はアルミですから、それなりの汚れ等は有りますが、交換する様な物ではありません。5年程前に気付いた事ですが、施工当初に、物干しを掛ける柱の長さを100mm左右で寸法を間違えて居る事に、気付きました、どうして気付いたかと言えば、其の柱を利用して、ポリカの屋根を拭いた時に、どうしても旨く行かずに、2度作り直して、其の原因にたどり着きました。そんな事と、思うでしょうが、二階のベランダですので、近くから見る事はないので、全長5m以上離れた柱の長さの違いは気付きようもありませんでした。旨い事に、洗濯竿を掛ける位置は、左右同じ位置に設置されていたので、なおさらです。未だに、其の長さは異なっていますが、今度の床工事で私なりの修正をして、屋根も拭き直したいと思います。私の作ったそんな屋根でも、幾度の台風には、びくともしませんでしたが、流石に大雪には、雪の加重で野地棒が一本折れた事があります。そんなこんなで、材料探しですが、どなたか材料屋をご存じないでしょうかね。ベランダCIMG0564_1024

ご近所のお友達が暫くの間、当地を離れます。

先週末に道楽のお友達の壮行会を新百合ヶ丘で行いました。仕事の都合での数年の移転のようですが、最近は終活で鉄塔の撤去や無線の廃局などが、近くで発生しています。ご多分に漏れず、私もそろそろ、終活とは思っていますが、何せ欲張りですから、未だに遊び道具をどんどん買い入れて、置く場も無い始末です。気持ちは終活ですので、これが最後と思って買い込みますので、増えるは増える。当たり前です。家族からはゴミ扱いされる物も、私には金塊ですから、捨てるに捨てられません。それでも、どれか減らさなければと思う反面、未だ持って居ない機材に触手を伸ばしています。お馬鹿さんの骨頂です。写真は壮行会参加者9名ですが、残念ながら2名が急遽欠席でした。いやはや皆年を取りました。平均年齢は優に65歳は過ぎています。私が若手ですから。この中で現役は3人だけですかね。川村さん壮行会CIMG0561 (2)1024川村さん壮行会4CIMG05591024



続きを読む

新しいボール盤を我慢出来ずに

最近、少しづつ木工を楽しみだして、ついつい写真の物が欲しくなりました、我が家にはこれで5台のボール盤がありますが、またやってしまいました。でも今度こそ本物が調達出来ました。価格は比較的廉価ですが、機能がプロ並みです。なんと言っても80mm以上のスピンドルのストロークと無段変速そして今時ですね、レーザー照準と照明がついています。これで年寄りにも安心して使えます。さて、そろそろいらないボール盤の始末を考えませんと。周りは皆んな、終活で断捨離ばやりですので、ここらで私も少しは整理にかかりませんと。ボール盤CIMG0540_1024

梅の収穫

うええIMG_4099_1024
この季節、我が家の玄関先は落ちてきた梅の実に占拠されています。毎朝、庭先の掃除という事になりますが、それはそれ、新聞受けに向かう爽やかな朝の風に、残り少ないクチナシと微妙に混じった梅の香がなんとも表現出来ない、愛らしさを訴えてきます。少しぐらいの梅の実の掃除など、構った物ではありません。いよいよ、今日は収穫です。なんと150Kg程収穫出来ました。しかし、未だ手の届かない所に、収穫出来た量以上にわんさと大きな実を撓わに付けています。昨年は大幅な剪定をしたので、収穫はほんの数キロでしたが、これからはどんな事になるのでしょう。この秋には、今手の届かないところの枝は全て剪定するつもりです、数年後には、踏み台に登れば、簡単に収穫できるようにするつもりです。本格的に収穫出来るのは、3年後くらいでしょうか。今年はお隣さんに50Kgづつ味見して貰う事にしました。我が家では、色づいた物は、梅干し、綺麗な物は少しだけ飲みもしないのに梅酒に漬けてみました。楽しみは、梅の実だけです。そして、こんな漬け方も。楽しみがまします。残りは玄関の香り付けに暫く並べておきましょう。来年は、お友達にもご賞味頂けるでしょうか梅酒IMG_4102_1024サシスセソIMG_4105_1024

ヤスリホルダー

サンダーCIMG0497_1024
道具と使い方は、どれだけ道具を使ったかが、良い作品を作る重要なファクターとなりますが、なんとかとなんとかは使い道だそうで、道具が悪いのか、腕が悪いのか解りませんが、金属や樹脂の切削で起こるバリが電動工具を使うことによって木材でも発生します、このバリの正式な名称は解りませんが、これをそぎ落とすのに、サンドペーパーがたいへん重宝します。ひと擦りで殆どのバリ(毛羽立ち)が削ぎ落ちます。何時も使っているサンドペーパーのホルダーを探して、1日かかりました。尤も、お陰で少し部屋の整理も出来ましたので、良しとしますが、使い慣れた物が見つかりません。早速、ホームセンターへ駆けつけますが、思うような物は有りません。こんな事に幾つもの無駄な物を買ってしまいました。最初から我慢して、角材でも代用していれば、散財しなくて済んだのかも知れません。

プロフィール

HOMEBREW ANT

Author:HOMEBREW ANT
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

天気予報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR